Art Impression 展覧会企画
space Art Impression 展覧会企画 English space Art Impression 展覧会企画 French space
line line
space space space
Art Impression 展覧会企画 Top page
space
Art Impression 展覧会企画 展覧会実績
space
Art Impression 展覧会企画 ミュージアムグッズ
space
Art Impression 展覧会企画 会社概要
space
Art Impression 展覧会企画 交通案内

Art Impression Inc.
Tel: 03-5766-7050
Fax: 03-5766-7060
info@artimpression.co.jp
Copy right
©2008 Art Impression Inc.
All rights reserved.

line

没後100年記念「ピサロ展~カミーユ・ピサロとオワーズ川の画家たち」

Art Impression カミーユ ピサロ 美術館 セーヌ川の川船 ポントワーズ 没後100年 ピサロ展 オワーズ川の画家たち
space Art Impression カミーユ ピサロ 展 じゃがいもの獲り入れ ポントワーズ 没後100年 オワーズ川の画家たち
space Art Impression カミーユ ピサロ 展 森のはずれ ポントワーズ 没後100年 オワーズ川の画家たち
space Art Impression カミーユ ピサロ 展 日本橋三越 本店 ギャラリー 展覧 会場 ポントワーズ 没後100年 オワーズ川の画家たち
space Art Impression カミーユ ピサロ 展 日本橋三越 本店 ギャラリー 展覧 会場 ポントワーズ 没後100年 オワーズ川の画家たち
印象派の代表的な画家であるカミーユ・ピサロは、8回に及ぶ印象派展にすべて参加した唯一の画家であり、モネやルノワールから父のように慕われた長老のような存在でした。ピサロは30代後半から20年近く、パリ郊外のオワーズ川流域の町ポントワーズで過ごし、その地を生涯の画題としました。この展覧会は、ピサロのポントワーズ時代の作品と、そこに集いポントワーズ派と呼ばれることになる画家たちに着目したものです。印象派の一端を担いながらも、これまで紹介される機会の少なかったポントワーズ派の作品を一堂に紹介するはじめての機会となりました。
ピサロの没後100年を記念して、2003年にフランスとドイツで回顧展が開催されました。本展はそれをもとに、ポントワーズにあるピサロ美術館のコレクションを中心に、油彩・水彩・版画など約100点で構成されました。
2004年2月11日~2月22日
日本橋三越本店7階ギャラリー
主催:NHKプロモーション
後援:NHK
2004年3月20日~4月25日
尾道市立美術館
主催:尾道市立美術館、中国新聞備後本社
後援:広島県教育委員会、NHK広島放送局
2004年4月29日~6月6日
浜松市美術館
主催:浜松市美術館、中日新聞東海本社
後援:財団法人静岡国際園芸博覧会協会、
静岡県教育委員会、浜松市文化協会、
NHK浜松支局、テレビ静岡、
K-MIX、中日ショッパー
[全会場共通]
後援:フランス大使館
協力:全日本空輸株式会社
企画協力:株式会社アートインプレッション