Art Impression 展覧会企画
space Art Impression 展覧会企画 English space Art Impression 展覧会企画 French space
line line
space line space
Art impression HOME
space
Art Impression 展覧会実績
space
Art Impression ミュージアムグッズ
space
Art Impression 会社概要
space
Art Impression 交通案内
space
Art Impression 展覧会 Link

Art Impression Inc.
Tel: 03-5766-7050
Fax: 03-5766-7060
info@artimpression.co.jp
Copy right
©2008 Art Impression Inc.
All rights reserved.

line

陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910展
「シャ・ノワール(黒猫)」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち

Art Impression  シャ・ノワール 黒猫 テオフィル アレクサンドル スタンラン モンマルトル キャバレー フランス 世紀末 space Art Impression  シャ・ノワール 黒猫 トゥールーズ ロートレック イヴェット ギルベール ディヴァン ジャポネ space Art Impression シャノワール 写真 オルセー美術館 影絵 芝居 アンリ リヴィエール エリック サティ Art Impression シャ・ノワール アール ザンコエラン 万国博覧会 ポスター ジュール シェレ 黒猫 モンマルトル カフェ space

Art Impression 聖アントワーヌの誘惑 影絵 芝居 シャ ノワール 黒猫 アンリ リヴィエール エリック サティ Art Impression モンマルトル 劇場 初演 シャ ノワール 黒猫 アンドレ ドゥヴァンべ カフェ ロドルフ サリス Art Impression 星への歩み 影絵 芝居 シャ ノワール 黒猫 アンリ リヴィエール エリック サティ Art Impression 象 影絵 シャ ノワール 黒猫 ジョルジュ オリオール

19世紀末から20世紀初頭のパリでは、広汎な分野で芸術の実験が試みられました。とりわけ当時のカフェ・コンセール(音楽カフェ)やキャバレーには若き芸術家たちが集い、美術、音楽、ダンス、文学、芝居などの様々なジャンルで実験的な活動を繰り広げていました。当時の社会への辛辣な風刺やユーモアと笑いを原動力として、大衆の熱気と興奮の中で育まれた新進の前衛芸術はパリに留まらず、ウィーンやベルリンへも広がり、世紀末からベル・エポックにおける社会文化へと発展していきます。
本展覧会では、その舞台となったキャバレー「シャ・ノワール(黒猫)」を中心に、当時上演されていたコンサートや影絵芝居、サーカスなどの娯楽や興行を描いたポスター、絵画、プログラム、雑誌、機関誌、上映資料等を、パリのモンマルトル美術館をはじめとする国内外の所蔵家の作品171点よりご紹介いたします。
なかでも大きな見所となるのが、映画に先駆ける総合芸術として絶大な人気を誇った影絵芝居『聖アントワーヌの誘惑』『星への歩み』の再現映像の上映です。本展覧会のために、東京芸術大学音楽学部のご協力のもと当時使用された音楽の演奏と録音を行い、影絵のイラストと一体化させた映像制作を行いました。
19世紀末パリの最先端の大衆文化をご紹介する初めての試みとなります。

上記掲載画像は出品予定作品となります。
左より

・テオフィル=アレクサンドル・スタンラン
 《「シャ・ノワール」新装開店》

・アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 
 《「ディヴァン・ジャポネ」のポスター》 

・キャバレー「シャ・ノワール」の内部、影絵芝居の舞台
・ジュール・シェレ
 《アール・ザンコエラン展の万国博覧会のポスター》
・アンリ・リヴィエール 《影絵芝居『聖アントワーヌの誘惑』より
 「貪食 I 酒、シレーノスとバッカスの一団」」》
 © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
・アンドレ・ドゥヴァンべ《モンマルトル劇場の初演》
・アンリ・リヴィエール 《影絵芝居『星への歩み』より「漁師たち」》
  © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
・ジェフリー・コーミエ・オブ・ワヤン・モダン
 《1866年のアンリ・ソムの影絵劇場『象』の再演フィルム抜粋》

【会期・会場】 
 2011年4月16日~6月5日
 伊丹市立美術館
 主催:伊丹市立美術館
     伊丹市立工芸センター
     読売新聞大阪本社

 2011年8月6日~9月25日
 尾道市立美術館
 主催:尾道市立美術館
     中国新聞備後本社

 2011年10月8日~12月7日
 北海道立函館美術館
 主催:北海道立函館美術館

 2011年12月23日~2012年3月25日
 群馬県立近代美術館
 主催:群馬県立近代美術館

 2012年4月6日~5月20日
 八王子市夢美術館
 主催:八王子市夢美術館

【全会場】
 後援:フランス大使館
 協賛:エールフランス航空
 監修:デニス・ケイト
     ニュージャージー州立ラトガース
     大学付属 ジェーン・ヴ-ヒーズ・
     ジマーリ美術館名誉館長
 企画協力:
     株式会社アートインプレッション