Art Impression 展覧会企画
space Art Impression 展覧会企画 English space Art Impression 展覧会企画 French space
line line
space space space
Art Impression 展覧会企画 Top Page
space
Art Impression 展覧会 企画 実績
space
Art Impression 展覧会 企画 ミュージアムグッズ 図録
space
Art Impression 展覧会 企画 会社概要
space
Art Impression 展覧会 企画 交通案内
space

Art Impression Inc.
Tel: 03-5766-7050
Fax: 03-5766-7060
info@artimpression.co.jp
Copy right
©2008 Art Impression Inc.
All rights reserved.

line
生誕150年/没後90年記念
エリック・サティ

エリック サティ ディヴァン・ジャポネ シャンソン イヴェット ギルベール ロートレック 展覧会 エリック サティ ジュ・トゥ・ヴー おまえが欲しい 展覧会 シャンソン アートインプレッション
エリック サティ ピカビア フランシス パラード 展覧会 アートインプレッション
space

19世紀末から20世紀初頭のパリでは、世界各地から集まった芸術家たちがカフェ=コンセールの喧噪の中に友情を見出し、新たな芸術を生み出すための試行錯誤を重ねていました。
なかでも、エリック・サティ(1866-1925)は当時のボヘミアンな風潮を最も顕著に表した音楽家です。
「ジムノペディ」や「グノシェンヌ」などのピアノ曲の他、「ジュ・トゥ・ヴー」に代表されるシャンソン楽曲など、当時としては一風変わった名曲の数々を世に送り出しました。

そんなサティの音楽は、まさに「20世紀音楽のルーツ」と言うことができるでしょう。
1917年にディアギレフ率いるロシア・バレエ団のために作曲した《パラード》では、音響効果に玩具のピストルやくじ引きのガラガラを用いるなど、日常生活の音を音楽に取り入れる 初めての試みとなりました。この試みはプーランクなどの若い音楽家たちを惹き付け、後にはジョン・ケージの《4分44秒》のインスピレーション源となっています。
また、家具のように人から意識されることのない音楽の存在を目指した《家具の音楽》の実験では、失敗に終わるものの、BGMの先駆けとして後の環境音楽の原点を築きました。

この他、マン・レイなどのダダイストたちと制作した映画『幕間』の音楽によるミニマル・ミュージックの原型など、59歳で亡くなるまで、時には神秘主義者として、時にはピアノ弾きとして、 また作曲者として次々と形を変えたサティの個性は、多くの20世紀音楽の原点が凝縮されたものであり、21世紀に入った現在でもなお、多くの作曲家に影響を与え続けていると言うことができます。

本展では、サティにまつわる資料、絵画、ポスター、雑誌、機関誌、映像、楽譜のほか、会場内での音響演出により、目と耳の両方からサティと当時の芸術文化をご紹介いたします。


【会期・会場】
Bunkamura ザ・ミュージアム
2015年7月8日~8月30日
主催:Bunkamura
協力:エムズシステム
べヒシュタイン・ジャパン
(ユーロピアノ株式会社)

浜松市美術館
2015年9月12日~11月1日
主催:浜松市、静岡第一テレビ
特別協力:ヤマハ株式会社

後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

協力:エールフランス航空

会場映像・音響制作:
東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科
(受託研究)

企画協力
アートインプレッション